季節野菜小林種苗のブログ -

ホーム > タグ > 季節野菜

季節野菜

豌豆に続いてサヤエンドウの発売を報告します!!

まずサヤエンドウの説明をします!

①名前の由来・用途

・サヤエンドウ(英:podded pea)とは、エンドウの未熟の莢を
食用とする場合の通称である。
・漢字では莢豌豆・絹莢とも表記される。
・野菜炒めの具材、あるいは味噌汁の具として用いられる。
・スプラウトの一種の豆苗(とうみょう)はエンドウの若芽です。
・サヤエンドウを代表するものが、絹さやであります。
②歴史

・原産地は中央アジア~中近東、地中海沿岸地域とされ
紀元前より存在しツタンカーメンの墓から出土するなど、
古代ローマやギリシャでも盛んに栽培されていました。
・ツタンカーメンの墓から発見されているさやが赤紫色の種
が後に発芽し、同品種が家庭菜園用として現在売られている!!
後にインドから中国へ伝わり、日本へ入ったのは
8~10世紀ごろと考えられている。
・平安時代の辞書である「和名抄」(わみょうしょう)に野豆とあるのが
エンドウのことだとされている。
・日本でエンドウが食されるのは江戸時代になってからである。
・江戸時代では穀物として長く利用され、13世紀のフランスで
初めて若いさやを食すようになりました。
後にこれがグリーンピースとしての利用につながります。
・日本では明治時代に入り、欧米から優良な品種が導入されると全国に一気に普及した。
③保存方法

Ⅰ,乾燥に弱いためポリ袋などに入れて冷蔵庫の野菜室で保管するが、
美味しく食べられるのは3~4日を限度とする。
Ⅱ,家庭菜園などで大量に採取された場合などは、冷凍で長期保存が可能。
この場合はすじを取り払い、硬めにゆで水分を切って保存容器
に入れて冷凍する。
1ヶ月くらいはおいしく保存できます。
④調理方法

Ⅰ,加熱時間は短めにすることで食感が落ちない。
Ⅱ,煮物にする場合は火を止める直前に入れる程度。
Ⅲ,すじがある場合は取り除く。
Ⅳ,煮た後に冷水に漬けると色がよくなる。
最新のサヤエンドウ料理法はこちら

http://cookpad.com/category/1276
サイトはこちら

スジナイン
http://www.kobayashi-seed.com/shopdetail/000000004708

蚕豆に引き続き豌豆(えんどう)の発売を報告します!!

えんどう豆の説明をしたいと思います!

①特徴・特性

Ⅰ硬莢種(こうきょうしゅ)はその名のとおり莢(さや)が固く、
完熟して乾燥した豆を収穫して利用します。
花は紅色です。
Ⅱ軟莢種(なんきょうしゅ)は莢が柔らかく、未熟な莢をサヤエンドウ
として利用したり、成長を終えて乾燥前の生の豆をグリーンピース
としても利用している。
花は白いものが多い。
Ⅲスナップエンドウは軟莢種の中でも豆が大きく成長しても莢が柔らかく、
豆と莢の両方を野菜として利用できる品種である。
Ⅳ原産地が冬に雨が多い地中海性気候の近東地方であるため、
夏の高温期は成長適期ではなく、麦類と同様に基本的には
秋まきして翌春収穫する方が好ましい。
Ⅴ冬の寒さの厳しい東北北部や北海道では春まきして初夏に収穫しましょう。
Ⅵ非常に連作に弱く、一度栽培した土地では数年間栽培が困難となります。
Ⅶ原産地が土壌にカルシウムなどが多い乾燥地帯であることから
想像できるように、酸性土壌にも弱い。
Ⅷ発芽に際しては同じマメ科のダイズのように胚軸が伸張して地上で
子葉を双葉として展開するのではなく、上胚軸だけが伸張して
地上に本葉だけを展開し、子葉は地中に残ります。
②平均的な栽培法

・株間矮性 20~30cm
・高性 30~40cm
・播種1株3~4粒、のち2本に間引く。
③食品・調理法

・硬莢種(こうきょうしゅ)は古くから乾燥種実として利用されており、
日本ではアオエンドウを煎り豆、煮豆、餡(鶯餡)などに加工し、
アカエンドウはみつまめやゆで豆として利用される。
・ヨーロッパでは煮込んでスープとして利用されてきている。
・世界中でもっとも大量に消費されているのは、乾燥していない
未熟の莢や種実を野菜として利用する軟莢種である。
・東アジアでは未熟な莢を利用するサヤエンドウとして、
インドから西では完熟直前の種実を利用するグリーンピースとして、
主に消費されています。
・両者の性質を兼ね備えたのがスナップエンドウで、
グリーンピースと同様に種実が完熟寸前まで大きく成長したものを
収穫するが、莢もサヤエンドウと同様にやわらかく、果実全体が食べられる。
・2004年には、サッポロビールによりエンドウのタンパクを
用いた第三のビールが開発され、新たな食品を生み出す
素材として注目を浴びた。
・種実以外の利用もあり、若い苗や蔓の先の柔らかい茎葉も
野菜として利用される。
中国ではこれを豆苗(とうみょう)といいます。

最新のエンドウ豆の料理法はこちら

http://cookpad.com/search/%E3%81%88%E3%82%93%E3%81%A9%E3%81%86%E8%B1%86
サイトはこちら

ロングピース
http://www.kobayashi-seed.com/shopdetail/000000004702

カブに続いて蚕豆(そらまめ)2品種の発売報告です!!

まずそら豆の説明をしたいと思います!

①平均的な特徴

・高さは約50cmほどで、秋に播種する。
・花期は3~4月で直径3cmほど、薄い紫の花弁に
黒色の斑紋のある白い花を咲かせます。
・収穫は5月頃から。
・長さ10~30cmほどのサヤには3~4個の種が含まれている。
②歴史・由来

・地中海、西南アジアが原産地と推測される。
・大粒種はアルジェリア周辺、小粒種はカスピ海南岸
が原産地であるとする二源説もある。
・イスラエルの新石器時代の遺跡からも出土している。
・インゲンマメが普及する以前はソラマメは古代エジプトやギリシア、
ローマにおいて食されていた。
・紀元前3000年以降中国に伝播、日本へは8世紀ごろ
渡来したといわれている。
・インド僧・菩提仙那が渡日し、行基に贈ったのが始まりともいう。
・古くから世界各地で栽培され、食用にされている。
・現在は南米、北米、ウガンダ、スーダンなどで栽培されている他、
中華人民共和国河北省張家口で最高級品が栽培されている。

・和名の由来は、豆果(さや)が空に向かってつくため「空豆」、
または蚕を飼う初夏に食べ、さやの形が蚕に似ていることから
「蚕豆」という字があてられた。
・酒処では「天豆」と表示している場合も多い。
③調理法

・塩ゆでするか、さやごと焼いて、中のマメをそのまま食べる。
・揚げて塩をふったものは「いかり豆」と呼ばれる。
・煮物や炒め物、スープなどに広く用いられ、
アジアでは豆板醤の原料として利用される。
・ヒヨコマメと共に、中東のファラフェルの材料になる。
・中国ではもやしを生で食する。
・大豆アレルギーを回避するための代用食品の原料にも用いられる。
最新のそら豆調理法はこちら

http://cookpad.com/search/%E3%81%9D%E3%82%89%E8%B1%86

数量で値段の高いそら豆に手を出しにくい人多いはず、
ここでこの機会に自分でそら豆を作って
おいしくクッキングしてみませんか?
サイトはこちら

陵西一寸蚕豆
http://www.kobayashi-seed.com/shopdetail/000000004703
唐比の春
http://www.kobayashi-seed.com/shopdetail/000000004709

Home > タグ > 季節野菜

明治43年日本(国内)最大級の品揃え小林種苗ホームページはこちら
検索

Return to page top