おてがるロジたん小林種苗のブログ -

ホーム > タグ > おてがるロジたん

おてがるロジたん

2017年度、小林種苗研究農場オープンデー!

  • 2017-12-20 (水)
  • 未分類
  • 作成者:Fukase

先月21日・22日と2日間にわたって開催させていただきました

小林種苗研究農場オープンデー!!

 

全国の種苗店様、農業法人様、農協様をはじめ、

2日間で合わせて389名もの方々がご参加いただきました。

 

はるばる弊社までお越しいただき、本当にありがとうございました。

 

DSCF1277DSCF1294

DSCF1300 DSCF1301

こちらは、葉根菜類の展示圃場の様子です。

各品目ごとに、担当のスタッフがお出迎え、

展示品種の紹介や栽培方法、その他いろいろな情報交換をさせていただきました。

 

DSCF1297DSCF1305

こちらは、講習会の様子です。

今年は、弊社技術員だけでなく、外部講師をお招きして、みんなでお勉強です!

 

DSCF1257DSCF1253

2日間限定の特別価格で、弊社オリジナル品種の販売をさせていただきました!

その中でも、「おかわりキャベツ」と「おてがるロジたんメロン」が特に大人気でした!

 

おかわりキャベツは、暑さと病気に強い、甘くてとっても美味しいキャベツです。

今回のオープンデーでも、大勢の方々に試食していただきました。

 

そして、おてがるロジたんは雨除けなしの放任栽培でも

大玉で高糖度の本格的なノーネットメロンが収穫できる、今大注目の品種です!

 

DSCF1290DSCF1285

試食コーナーでは、茎カリフラワーのドルチェオーレはなちゃんミニトマト

さらに新品種のオレンジミニトマトやイエローミニトマト、食味極上のナスなど、

様々な品種を皆さんに試食していただきました!

 

今回参加いただいた方々から、

 

・いろいろ試食できてお話も聞けて為になりました。

・講習会とても興味深い内容でした。

・とてもきれいに栽培されていました。

 

などなど、たくさんの嬉しいご感想をいただいて、

我々スタッフ一同、本当に感謝の気持ちでいっぱいです!(^^)

 

これからもどんどん、まだ普及できていない新しい野菜品種などを紹介していけるよう、精進して参りますので、

今後ともご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。

 

雨除けなしの放任栽培でも大玉・高糖度のメロンが作れる!「おてがるロジたん」をご紹介!

皆さん、こんにちは!

 

突然ですが、皆さんメロンは好きですか?

私は大好きです。

 

口の中へ入れた瞬間のあの天に昇るような幸福感!

そんな甘くて美味しいメロンを、家庭菜園でつくってみませんか?

 

メロンの栽培は手間がかかって大変だから、家庭菜園では難しいだって?

 

そう思われた方に、ぜひおすすめしたいのが、

弊社の「おてがるロジたん」メロンです。

 

おてがるロジたん

 

おてがるロジタンは、交配後40日で収穫できる極早生の白皮ノーネットメロンです。

 

通常メロンは、雨除けや整枝をしないと

湿度が高くなって病気が多発してしまい栽培できません。

 

また整枝を行わないと、栄養分が果実以外にも分散されて

品質の良いメロンが収穫できません。

 

しかし、このおてがるロジたんは、病気に強く栽培しやすい品種で、

雨除けなし放任栽培でも、果重1.5kg、糖度16度前後の甘くて美味しい本格的なメロンが収穫できるのです!

 

今回はそんな、おてがるロジたんの栽培のポイントについてご紹介致します。

 

おてがるロジたん3おてがるロジたん2

 

 

おてがるロジタンの栽培のポイント!

 

定植前

元肥は10aあたり、チッソ、リン酸、カリ、をそれぞれ成分量で12㎏程度施します。

 

排水の良い畑作りを心がけ、

幅2.0~2.5m程度の高畝を立て、株間は60-80cm程度としてマルチングを行います。

 

本葉3~4枚頃が定植適期になります。

 

摘芯

定植前か、もしくは定植して活着した後に、本葉を4枚程度残して摘芯を行います。

(老化苗を定植した場合や、摘芯が遅れた場合は、もっと上の節でも大丈夫です)

 

定植後~交配

定植後はキャップを被せ、活着と初期成育を促します。

キャップは、5月中下旬に外します。

 

気候が暖かくなると、ウリハムシなどの害虫が増えてきますので、

薬剤散布をしっかり行って、病害虫を防除します。

 

交配

後々、収穫時期がわかるように、開花日もしくは交配日を記録しておきましょう。

 

交配後~収穫

果実が肥大する時期に雨が少ない場合は、株元には灌水せず、通路灌水をします。

果実がソフトボール程度の大きさに肥大してきたら、果実の下に敷き藁か、もしくはメロンシートを敷きます。

そして定期的に玉ずらしを行って、色ムラをなくしていきます。

 

収穫

花痕部分に黄色が出る、甘い香りがする、青みが抜ける、へたに離層が形成される。

これらの状態が見られたら収穫期です。

 

交配日を確認しながら収穫していきましょう。

 

 

以上がおてがるロジタンの栽培のポイントとなりますが、

もちろん、雨除けや整枝をしっかり行うことで、

さらに高品質なメロンを収穫することができます。

 

今年の春作に是非栽培して、

甘くて美味しいメロンをご堪能ください!

 

おてがるロジタンの種を購入する

 

Home > タグ > おてがるロジたん

明治43年日本(国内)最大級の品揃え小林種苗ホームページはこちら
検索

Return to page top