小林種苗のブログ - 2021-01

Home > アーカイブ > 2021-01

2021-01

べと病抵抗性最強のスイートバジル新登場!

  • 2021-01-29 (金)
  • 未分類
  • 投稿者:Fukase

このたび、スイートバジルの新品種「カンピオーネ」を

新たに販売させていただくこととなりましたので、ご案内いたします。

スイートバジルは、イタリア料理で欠かすことのできない重要なハーブのひとつですが、

近年スイートバジルの生産地では「べと病」の発生が問題となっております。

そこで、小林種苗では史上最強クラスのべと病抵抗性品種「カンピオーネ」を開発しました。

 

カンピオーネはこんな悩みを解決します!

トキタバジル べと病比較用 背景カット 20-15 サカタバジル べと病比較用 背景カット 20-15

上の写真はスイートバジルの生産地で撮影された従来のスイートバジルです。(2020年7月27日撮影)

こちらの産地では、べと病が多発してしまいました。

 

カンピオーネ べと病比較用 背景カット 20-15

一方こちらは、上2品種と同じ圃場、同じ日に播種されたカンピオーネです。

他品種でべと病が激発する中、カンピオーネはべと病の発生はほとんど見られません。

 

カンピオーネの栽培方法について

カンピオーネの栽培方法は通常のスイートバジル栽培に準じます。

発芽適温は20~25℃、9cmポットまたは128穴ポットに播種します。

スイートバジルは好光性種子で、発芽に光が必要なため浅めに種まきします。

本葉3~5枚頃まで育苗し、定植します。

元肥は10aあたり、苦土石灰100kg、完熟堆肥2t、窒素成分で10~15kg程度、

条間100cm、株間30~40cmの2条植えを基本とします。

定植して本葉が10枚頃まで育った時期に、頂芽を摘心して側枝が伸びるようにします。

 

7月頃から高温長日により花芽が着き始めますが、花芽が着いたまま放っておくと、

花芽に栄養が取られて株が老化し、葉が硬くなります。

花芽が出来始めたらすぐに花芽を摘み取って、株の老化を防ぎ収穫期間を延ばしましょう。

 

カンピオーネは小林種苗インターネットショップからご購入いただけますので、

是非チェックお願い致します。

https://www.kobayashi-seed.com/shopdetail/000000005821/

 

Home > アーカイブ > 2021-01

明治43年日本(国内)最大級の品揃え小林種苗ホームページはこちら
検索

Return to page top