小林種苗のブログ - 2019-09-05

Home > アーカイブ > 2019-09-05

2019-09-05

加熱調理でホクホク感!「おお黄に」カブ新登場!

  • 2019-09-05 (木)
  • 未分類
  • 作成者:Fukase

今回は秋の新商品、F1黄蕪の「おお黄に」蕪をご紹介致します。

おお黄に

おお黄に 作型表

 

黄蕪とは?

黄蕪はその名の通り、外皮が鮮やかな黄色、内部はクリーム色になる

日本では目にすることの少ない珍しい蕪です。

白蕪や赤蕪と比較して緻密でしっかりとした肉質を持ち、

加熱調理しても煮崩れせず甘味が増し、ホクホクとしたジャガイモのような食感が楽しめます。

鮮やかな外観を活かしてサラダや漬物として利用する他、

スープやシチュー、ポトフなどにもおすすめの野菜です。

 

「おお黄に」蕪とは?

「おお黄に」蕪はF1種で他社の黄蕪品種と比べて生育旺盛で揃い良く、根部は綺麗な甲高球に仕上がります。

茎葉は淡緑色でやや開張気味に生育し、播種後65日前後で球径8cmの小蕪、

80日前後で球径12cmの中大蕪として収穫できます。

さらに晩抽性で、ス入りも極めて遅く裂根も少なく在圃性が非常に優れ、

ハウス・トンネルを使用することで秋~年末まで広く栽培できます。

 

「おお黄に」蕪の栽培方法は通常の小蕪栽培に準じます。

施肥量は1反あたりチッソ・リン酸・カリをそれぞれ成分量で15kg程度、

全量元肥、あるいは元肥と追肥に分けて施します。

条間20cm、株間3cm程度で筋蒔きし、2~3回にかけて間引きを行い

最終的に株間15cmを基準とします。

 

珍しいF1甲高黄蕪「おお黄に」蕪を、ぜひ今年の秋冬作で栽培されてみてはいかがでしょうか。

 

「おお黄に」蕪の購入はこちら↓

見て楽しい!食べて美味しい!甲高F1黄カブ!

 

Home > アーカイブ > 2019-09-05

明治43年日本(国内)最大級の品揃え小林種苗ホームページはこちら
検索

Return to page top