小林種苗のブログ - 2018-06

Home > アーカイブ > 2018-06

2018-06

苦味少ない美味しいケール「ジュリアーノ」、新登場!

  • 2018-06-05 (火)
  • 未分類
  • 作成者:Fukase

近年、高齢者の方だけでなく、若い世代の間でも健康意識が高まっています。

 

テレビや雑誌で健康に良い食品が紹介されると、

翌日には全国のスーパーで品切れになったりと・・・

そういった光景もよく見られますね。

 

しかし、体に良い野菜って、苦みが強くて食べにくいから苦手だと、

そう思われていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

 

そんな方々におすすめしたい、美味しいケール品種をご紹介させていただきます。

 

IMGP1390IMGP1395

 

こちらは弊社の新商品、カーリーケールの「ジュリアーノ」という品種です。

小さくカールした縮緬状の葉が特徴で、苦味や青臭さがほとんどないので食べやすく、

サラダなど、生食でも美味しく利用できます。

 

カーリーケールの栽培方法

 

育苗

ポットやセルトレイでの育苗がおすすめです。

発芽が揃うまで土を乾燥させないように注意し、

発芽が揃った後は、潅水をやや控えめにして根をしっかり伸ばします。

夏まきの場合、播種後25~30日の若苗を定植します。

 

元肥と畝作り

元肥は1反あたりNPKを成分量でそれぞれ20kg程度施します。

畝幅135cm、株間36~40cmの2条植えが基準です。

根痛みや病気の発生を防ぐために、排水性の良い圃場作りを心がけてください。

 

追肥

追肥は定植後、半月ごとを目安にNを成分量で3kg程度、3~4回施します。

 

収穫

株ごと収穫しても良いですが、必要分だけ葉をかき取って収穫することで、

長期間利用することができます。

株が小さいうちに収穫を始めると樹勢が弱くなるため、

十分に株が育ってから収穫を始めてください。

(7月まきの場合定植後60日頃が目安)

 

カーリーケール ジュリアーノ を購入する!

Home > アーカイブ > 2018-06

明治43年日本(国内)最大級の品揃え小林種苗ホームページはこちら
検索

Return to page top