小林種苗のブログ - 未分類 のアーカイブ

Home > 未分類

未分類 Archive

加熱調理でホクホク感!「おお黄に」カブ新登場!

  • 2019-09-05 (木)
  • 未分類
  • 作成者:Fukase

今回は秋の新商品、F1黄蕪の「おお黄に」蕪をご紹介致します。

おお黄に

おお黄に 作型表

 

黄蕪とは?

黄蕪はその名の通り、外皮が鮮やかな黄色、内部はクリーム色になる

日本では目にすることの少ない珍しい蕪です。

白蕪や赤蕪と比較して緻密でしっかりとした肉質を持ち、

加熱調理しても煮崩れせず甘味が増し、ホクホクとしたジャガイモのような食感が楽しめます。

鮮やかな外観を活かしてサラダや漬物として利用する他、

スープやシチュー、ポトフなどにもおすすめの野菜です。

 

「おお黄に」蕪とは?

「おお黄に」蕪はF1種で他社の黄蕪品種と比べて生育旺盛で揃い良く、根部は綺麗な甲高球に仕上がります。

茎葉は淡緑色でやや開張気味に生育し、播種後65日前後で球径8cmの小蕪、

80日前後で球径12cmの中大蕪として収穫できます。

さらに晩抽性で、ス入りも極めて遅く裂根も少なく在圃性が非常に優れ、

ハウス・トンネルを使用することで秋~年末まで広く栽培できます。

 

「おお黄に」蕪の栽培方法は通常の小蕪栽培に準じます。

施肥量は1反あたりチッソ・リン酸・カリをそれぞれ成分量で15kg程度、

全量元肥、あるいは元肥と追肥に分けて施します。

条間20cm、株間3cm程度で筋蒔きし、2~3回にかけて間引きを行い

最終的に株間15cmを基準とします。

 

珍しいF1甲高黄蕪「おお黄に」蕪を、ぜひ今年の秋冬作で栽培されてみてはいかがでしょうか。

 

「おお黄に」蕪の購入はこちら↓

見て楽しい!食べて美味しい!甲高F1黄カブ!

 

ISFニース大会へ参加しました!

  • 2019-08-15 (木)
  • 未分類
  • 作成者:Fukase

6月1日~6日までの間、フランス、コートダジュール地方のリゾート地、ニースにて

ISF(国際種子連盟)の2019年大会が開催されました。

IMG_6269IMG_6255

 

ISFは、世界中の農業や食料における様々な課題について

改善・発展させていくための国際会議です。

 

ヨーロッパは種苗会社の数が多いことから、

今大会では過去最高の1800人近い種苗関係者が参加され、会場は大いに盛り上がりました。

日本からは54名の方が参加されています。

 

IMG_6299IMG_6282

IMG_6301IMG_6288

 

会場では、各種講演会が行われた他、展示ブースや商談スペースが設置され、

世界中の種苗関係者の方々と様々な情報交換を行い、有意義な時間を過ごせました。

 

世界の農業をより発展させるために、小林種苗はこれからも精進して参ります!

 

IMG_6237IMG_6233

 

炒めて美味しい新野菜、アスパラッチェ!

  • 2019-07-26 (金)
  • 未分類
  • 作成者:Fukase

今回は秋の新商品、「アスパラッチェ」をご紹介します。

つぼみちゃん 表面

 

アスパラッチェは抽苔した茎葉と花蕾を食べるナバナの仲間の新野菜です。

従来のナバナよりも柔らかく、ほんのりと甘味があり青臭さがないため、

まさに日本人好みの食味となっております。

炒め物や、ナムル、胡麻和え、お浸しなどの様々な料理で利用でき、大変美味しくいただけます。

特に油との相性は抜群です。

 

DSCN8546DSCN8547

アスパラッチェ 収穫適期

 

中間地の露地栽培では3月~10月まき、ハウス栽培では周年栽培が可能です。

葉物野菜が少ない盛夏期でも出荷できます。

 

栽培方法はコマツナなどの軟弱野菜栽培に準じます。

施肥量は10aあたり、苦土石灰100kg、完熟堆肥2t、N:P:Kを成分量で各15kg程度施します。

(土壌条件により、成分比、成分量を加減する)

 

播種は1cm間隔で筋蒔きし、

発芽後は生育を見ながら1~2回に分けて株間5cm間隔になるように間引きます。

 

中間地では播種から35日程度(夏場は25日程度)、花茎が30cmくらいまで伸びた頃に収穫します。

開花前に収穫するのがベストです。

収穫後、株元を残しておくと側枝がどんどん伸びてきますが、

繊維が多くなっていくため、1株1本収穫を基本とします。

 

新商品のアスパラッチェ栽培に

ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

アスパラッチェ を購入する↓↓

抽苔した茎葉と花蕾を食べる美味しい新野菜!

 

品種見本市に参加しました!

  • 2019-07-12 (金)
  • 未分類
  • 作成者:Fukase

令和元年6月29日、東京都の豊洲市場で開催されました

青果育種研究会様主催の「第160回品種見本市」に、このたび参加させていただきました。

弊社としては初めての見本市参加となります。

IMG_6562IMG_6558

 

今回会場となりました豊洲市場は、全館閉鎖型の適温管理された最先端の市場です。

注目度も非常に高く、本大会では種苗会社18社、計78点の野菜品種が展示され、

約300人の種苗、市場関係の方々が参加されるなど、例年以上に活気溢れる見本市となりました。

 

また見本市開催前には、太陽光型統合環境制御ハウスでトマトを生産されている

(株)ベジアートの古川愼一社長様による講演が行われました。

 

 

IMG_6554

こちらが、弊社の展示ブースです。

今回弊社からは、下記の5品種を出品させていただきました。

 

みやび姫 葱

みやび姫

2012年に葉葱審査会で1等特別賞、後に農林水産省食料産業局長賞を獲得!

小葱から青葱、青果用からカット葱まで、広い用途で栽培できる品質最高の葉葱品種!

葉は濃緑・肉厚でボリュームがあり、葉先枯れや葉折れが少なく秀品率が高い。

皮が剥きやすく、出荷調整作業がしやすい。

 

おかわり キャベツ

おかわり

甘くてジューシーでとっても美味しい!食味最高の早生キャベツ!(最高糖度13度 弊社調べ)

耐暑性を持ち、軟腐病、萎黄病、黒腐病などの病害に強く、耐雨性も優れるため栽培しやすい。

玉締り良く、球芯は短く、在圃性も優れる。近年、加工業務用としても注目されている。

葉質は柔らかく、肉厚多汁で糖度も高い、小林種苗キャベツの新定番!

 

お菊ちゃん 春菊

お菊ちゃん

節間が柔らかく伸びる改良系中葉春菊。

軸は柔らかく甘味が強い、さっと湯にくぐらせるだけで美味しくいただける。

アクが少なく、サラダにもおすすめ!

 

ハオシャン(好想) リーフレタス

ハオシャン (好想)

肉厚で柔らかく、サラダはもちろん加熱調理にも適した美味しい半結球レタス!

葉色は明るいパステルグリーン、裏面まで色付き良く、料理を美しく彩る。

耐暑性・晩抽性に優れ、環境適応性が広い。

 

はなちゃん ミニトマト

はなちゃん

糖度と酸度のバランスが絶妙!食味最高峰のミニトマト!

耐病性も強く、栽培しやすい。

 

会場では、おかわり・ハオシャン・はなちゃんを皆さんに試食していただいたところ、

甘い!美味しい!とたくさんの高評価をいただきました。

 

見本市の様子は農経新聞、日本種苗新聞でも取り上げられました。

おかわりキャベツも紹介いただきましたので、こちらも是非ご覧ください!

 

農経新聞

↑↑ 農経新聞 令和元年7月8日発行号

 

mihonniti.syubyousinnbunndai

↑↑ 日本種苗新聞 令和元年7月21日発行号

 

種子の購入はこちら↓↓

みやび姫 葉葱

おかわり キャベツ

お菊ちゃん 春菊

ハオシャン(好想) レタス

はなちゃん ミニトマト

 

 

日本種苗協会総会に参加しました!

  • 2019-06-25 (火)
  • 未分類
  • 作成者:Fukase

先日、北海道の札幌パークホテルにて

一般社団法人 日本種苗協会の定時総会が開催されました。

 

日本種苗協会 定時総会

 

日本種苗協会は、全国の種苗メーカー、卸、小売業者によって設立された団体です。

現在の会員数は1000名以上、その内の約200名の方が今回の総会に出席されました。

弊社からは小林社長が出席しました。

 

日本種苗協会は、日本の農業の活性化を図るため、

様々な取り組みが行われています。

 

主な活動として、日本種苗協会は食育活動を推進しています。

全国の小学校等で一般野菜や地方伝統野菜の栽培体験を実施し、

子供たちに農業の楽しさや喜びを知ってもらい、

食に対して感謝の心を持つきっかけになることを願って取り組まれています。

 

その他にも、野菜・花・牧草などの新品種開発の促進や、優良品種の普及活動、

我々シードアドバイザーのさらなる技術力向上を目指して講習・講演会を開催するなど、

様々な活動が行われています。

 

今回の総会をはじめ、参加者同士が互いに向上し合える場へ

これからも積極的に参加させていただき、

皆様へより良いサービスを提供できるよう、精進して参ります。

 

イタリアの採種地の風景!

  • 2019-05-02 (木)
  • 未分類
  • 作成者:Fukase

今年も3月末から4月始めにかけて、弊社の社長と研究農場スタッフが、

キャベツなど、アブラナ科野菜を中心に種子生産を行っているイタリアの採種農場を訪問しました。

IMG_5219IMG_5179

 

現在日本で栽培されている野菜は、大部分が海外で生産された種子から作られています。

特に、アブラナ科野菜は、もともと地中海沿岸を起源とするため、

イタリアの気候はアブラナ科野菜の栽培に非常に適しています。

 

今年度の秋冬は暖かい天候となり、例年と比べ全体的に生育が進んでいる傾向が見られましたが、

親株の生育状態を見ながら、現地の採種農家様へ適切な指導を行ってきました。

 

高品質な種子を世界中の生産者様にお届けできるよう、小林種苗は日々戦っています。

 

IMG_5222IMG_5243

IMG_5252IMG_5203

アフリカの農業風景

  • 2019-04-15 (月)
  • 未分類
  • 作成者:Fukase

今回はアフリカの農業についてお伝えしていきたいと思います。

 

IMG_5439

 

アフリカでは、農業が主要産業として位置づけられています。

皆さんご存知の通り、アフリカは食料危機など、様々な問題を抱えておりますが、

環境整備、種苗提供、栽培技術指導、人材育成といった、各国からの支援もあって

近年、生産性向上の動きが見られます。

 

アフリカと言っても、国により状況は大きく異なりますが、

海外からF1種子が導入されて、これまでの固定種中心の栽培から

品質の良いF1種子へ替わりつつある国もあります。

 

 

弊社でも、アフリカ20カ国へ向けて、

高温乾燥に強い品種など、アフリカの気候に適した種子を販売させていただいております。

 

栽培容易で、美味しく健康な野菜品種をアフリカの皆様に提供し、

皆様の食卓を笑顔にできればと、日々願っています!

 

IMG_5422IMG_5451

IMG_5430IMG_5434

ホワイトコーン品種「アイスクリーム」の栽培を見学して来ました!

  • 2019-03-15 (金)
  • 未分類
  • 作成者:Fukase

本日は兵庫県内の農協様にて、アイスクリームコーンの栽培を見学してきました。

 

image2 image1

 

ハウス内でしっかりと発芽していました。

今はまだ発芽したばかりですが、これからどんどん大きく育って

6月下旬頃には甘くて美味しいホワイトコーンが収穫できます。

 

弊社のアイスクリームコーンは非常に甘くて、重量が大きいのが特徴です!

ホワイト種の中でも最高峰の甘さ!

昨年開催させていただいた「小林種苗研究農場オープンデー」の試食コーナーでも

大勢のお客様に試食していただき、大好評だったことを思い出しました。

 

お客様に喜ばれる品種をどんどん普及できるよう、これからも頑張ります!

 

アイスクリーム キャラクターアイスクリーム

アイスクリームコーン購入はこちら↓

とっても美味しいホワイトコーン!

 

 

APSAマニラ大会の様子!

  • 2019-01-08 (火)
  • 未分類
  • 作成者:Fukase

皆様、あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

さて今回は、昨年11月12日~16日までの5日間、

フィリピンのマニラで開催されましたAPSA(アジア太平洋種子協会)2018年大会、

「ASC2018マニラ大会」の様子をお伝え致します。

 

IMG_4116 IMG_4122

左 リサール公園

右 サンチャゴ要塞

 

APSAとは、アジア太平洋地域における高品質な野菜種子の生産・普及を目的に設立された

世界最大の地域種子協会です。

 

今年はフィリピンのマニラで開催され、

約1350名ものアジア太平洋地域の種苗関係者が集まり、

野菜種苗や農業全般における様々な課題についての講演や意見交換が行われました。

 

また、会場には展示ブースや商談会場が設置され、

ここでも様々な情報交換や商談が繰り広げられました。

 

IMG_4149IMG_4180

展示ブース

 

IMG_4157IMG_4166

商談会場

 

今年も、世界各国の方々と交流を深め、

それぞれの気候や地域に適した種苗の提案・普及を通して

世界中の食に貢献できるよう、精進して参ります。

 

2018年度小林種苗研究農場オープンデー開催!

  • 2018-12-26 (水)
  • 未分類
  • 作成者:Fukase

今年も全国の種苗店様、農業法人様、加工業者様を対象とした

弊社研究農場の見学会(オープンデー)を

11月19日・20日の2日間かけて開催させていただきました!

 

ご参加いただいた皆様、

弊社までお越しいただきまして、誠にありがとうございました。

 

今回は、オープンデーの様子を簡単に紹介させていただきます。

 

DSCF2926DSCF2996

 

 

展示圃場

DSCF2959DSCF2999

こちらはメインの展示圃場です。

担当の技術スタッフが、展示品種の特性や栽培方法についてご紹介させていただきました。

 

DSC02944

その中でも特に注目を集めた品種の一つがこちら、

弊社イチオシの「カーリーケール ジュリアーノ」です!

 

ジュリアーノは小さくカールしたちりめん状の細長い葉が特徴で、

従来のケールよりも柔らかく、苦味や青臭さがほとんどない

食べやすくて美味しいケールです!

 

サラダ・スムージー・青汁の他にも、

煮込み料理やてんぷらなど、様々な料理に使用できます!

 

DSCN7688

ジュリアーノ 株穫り(若穫り)

 

上記画像のように株ごと若穫りすれば、さらに柔らかく美味しく食べられます。

もちろん通常のケールのように、株を大きく育てて、

必要分だけ葉を摘み取って収穫することもできます。

 

 

講習会会場

DSCF2998

こちらは、講習会会場の様子です。

研究農場の技術員や営業スタッフが

野菜の栽培やおすすめ品種について公演させていただきました。

 

 

試食コーナー

DSCF2979

試食会場では、「茎カリフラワー ドルチェオーレ

はなちゃん ミニトマト」、「秋祭り87 スイートコーン」、「アイスクリームコーン ホワイトコーン」など、

極上の食味で大人気のこれら品種の他にも、

現在開発中のメロンやナスなど、

様々な品種を皆様に試食していただきました。

 

 

種子販売 特別価格で提供!

DSCF2939

今年も、2日間限定の特別価格で、

弊社オリジナル品種を販売させていただきました!

 

その中でも、

おかわりキャベツ

はなちゃんミニトマト

豊潤ナス

CRあじ紅カブ

みやび姫

が特に大人気でした!

 

 

今回参加いただいた方々から、

 

・今年も新しい品種に出会えてとても楽しかったです。

・栽培のポイントを丁寧に教えていただきありがとうございました。

・野菜がきれいにできている。

 

などなど、たくさんの嬉しいご感想をいただきました。

 

また、今後のご要望や改善点などのご指摘もいただきました。

 

いただいたご意見を参考に、来年度はさらに充実したオープンデーを実現し、

まだ普及できていない新しい野菜品種などを紹介、提案できるよう、

精進して参ります。

 

ホーム > 未分類

明治43年日本(国内)最大級の品揃え小林種苗ホームページはこちら
検索

Return to page top